HOME»  生産中止品のお知らせ

生産中止品のお知らせ

注湯機の頭脳であるシーケンサなどの制御機器あるいは駆動源であるサーボ機器の維持・管理は欠かせません。
修理対応期間が過ぎたものに不具合が発生した場合は、長期間停止となります。

 

生産中止となっているシーケンサなどの制御機器

 

生産中止となっているサーボモータ、アンプ

1.生産中止機種 MLSEC-A/QnA(大形)シリーズのシーケンサ
   修理対応期間を超過しました。
   至急 MELSEC-Qシリーズのシーケンサに更新下さい。


2.藤和電気製信号装置の生産中止
(2012年1月頃に新東工業を通じてご連絡)
  電子部品の生産中止後10年経ち、代替品も入手不可能になりました。

  (1) トランカー中央制御盤
   ・信号電源ユニット SSU 88-2137-2
   ・信号電源供給基板 SOA 88-2242(基板ラック組込み)
   ・信号出力基板 SOB 88-2243-2
   ・信号ヒューズ基板 SOC 88-2245-2
   ・AシリーズPLC-CPU BUS変換基板
      (APC-BUS-CONTROL)
      PCB-1 88-2273-2
   ・タイミング基板 PCB-2 88-2146-3
   ・4セクション送信ユニット PCB-3 88-2147-4

(2) トランカー盤(電車盤)
   ・メイン基板 88-2244-2(電車盤)
   ・LED基板 88-2271-2
   ・40信号タイミング基板 88-2080-3
   ・20信号受信基板 88-2217-5

    新規、信号装置への更新を検討お願いします。

3.生産中止機種
 MLSEC-MELSEC-AnS/QnASシリーズ(小・中規模対応形
シーケンサ  (2012年12月頃にメーカーより通知)

  ・受注締め切り       2014年8末日
  ・最終生産日        2014年9末日
    ・修理対応 2021年9月末日まで
                   (生産中止後,7 年間)

上記のように修理対応期間に入ります。
一度、自社の制御盤内のシーケンサの型式を確認して、
 至急 MELSEC-Qシリーズのシーケンサに更新下さい。

 

1.生産中止機種 サーボモータ、アンプ
    (2017年6月頃にメーカーより通知

    (1)サーボアンプ
        MR-J3-10A~37KA
    (2)サーボモータ
         HF-KP, HF-MP, HF-SP, HC-RP, HC-LP, HC-UP
         HF-JP, HA-LP, LM-N, LM-H2   全容量

   ・受注生産移行 2018年5月末日 受注生産化変更後の
     対応納期は受注後8~10ケ月です。
   ・生産中止時期 2019年5月末日
   ・修理対応期間 2026年5月末日(生産中止後、7年間)

上記のように、近く、受注生産に移行します。
一度、自社のサーボモータ・ドライバの型式を確認して、
予備品を早急に検討下さい。  

2.生産中止機種 サーボモータ、アンプ
      (2013年8/月頃にメーカーより通知

  (1)サーボアンプ
        MR-J2S-10A~37KA
    (2)サーボモータ
        HC-SFS   全容量

  ・生産中止時期 2015年8月末日
  ・修理対応期間 2022年8月末日(生産中止後、7年間)

上記のように生産中止時期が経過しています。
一度、自社のサーボモータ・ドライバの型式を確認して、
現行の機種への更新を早急に検討下さい。

     

 

 

 

サーボモータドライバの更新